建設業許可の代行はだれができるの?【許可代行】

許可代行建設業許可の申請

建設業許可の代行はだれができるの?

 

・建設業許可申請の代行業者とは?
・建設業許可申請を代行するメリットは?
・建設業許可申請を代行するときに気をつけることは?
   ↓↓↓
・建設業許可の代行はだれができるの?

 

皆様のこのようなお悩み解決します。

 

<今回の記事の内容>
 ・建設業許可の代行は行政書士が行えます。
  ①建設業許可申請を代行できるのは行政書士です。(弁護士もできますが、あまり聞かないですね)
  ②建設業許可申請を代行するメリットは確実な取得と取得後の維持管理です。
  ③建設業許可申請を代行できる行政書士の中で建設業関連業務を専門にしている行政書士を探しましょう。

兵庫県の建設業許可をはじめて調べる方、必読!

兵庫県の建設業許可申請の全体像を徹底解説【要点総まとめ】
兵庫県の建設業許可に関する情報を建設業法から新規申請方法まで、わかりやすく説明しています。 建設業業許可を理解するためには全体像の把握が大切。そのあとで個別問題を確認しましょう。

建設業許可の代行はだれができるの?

行政書士が各要件ごとにわかりやすく説明していきます。
兵庫県知事許可の要件をベースにしていますので、他県の場合は若干異なる場合もありますのでご注意ください。

①建設業許可申請を代行できるのは行政書士です。(弁護士もできますが、あまり聞かないですね)

建設業許可の申請を代行できるのは行政書士です。弁護士は法律関連士業のトップであり、あらゆる法律問題を手掛けることができますので、許認可申請の代行も当然できます。

ただし、弁護士にわざわざ許認可を依頼する方はいないと思います。

なぜなら、費用が高いからです。弁護士は高度な法律問題を扱う専門家です。その専門家に許認可手続きを依頼するのは少し違いますね。

そもそも、弁護士で許認可を専門にしている方は私が知る限りではいませんし、地方の田舎では弁護士自体がいませんからね。

建設業許可の代行は行政書士だけといっても過言ではありません。

②建設業許可申請を代行するメリットは確実な取得と取得後の維持管理です。

自分でも申請できる建設業許可を行政書士に代行を依頼する理由は、確実な建設業許可の取得と、取得後の維持管理、さらに、経営事項審査や入札参加資格等への手続き依頼に発展させるためです。

③建設業許可申請を代行できる行政書士の中で建設業関連業務を専門にしている行政書士を探しましょう。

行政書士といっても取り扱う業務にも隔たりがあります。

建設業許可を専門にしている行政書士や、行政書士業務全般を取り扱う行政書士等、各行政書士によっていろいろです。

基本的には行政書士業務全般を取り扱う事務所より、建設業許可を専門にしている事務所の方が、安心して建設業許可の代行を依頼できます。

要件の内容がよくわからない方へ

一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。

少しでも不明な点があれば建設業許可を専門としている行政書士にご相談ください。

建設業許可の代行は行政書士が行えます。

建設業許可申請を代行へ委託する場合は建設業関連業務を専門にしている行政書士を探しましょう。

<今回の記事のまとめ>
 ・建設業許可の代行は行政書士が行えます。
  ①建設業許可申請を代行できるのは行政書士です。(弁護士もできますが、あまり聞かないですね)
  ②建設業許可申請を代行するメリットは確実な取得と取得後の維持管理です。
  ③建設業許可申請を代行できる行政書士の中で建設業関連業務を専門にしている行政書士を探しましょう。
タイトルとURLをコピーしました