建設業許可の更新費用はいくらかかる?【更新費用】

更新費用建設業許可の申請

建設業許可の更新費用はいくらかかる?

 

・建設業許可の更新費用は役所へ支払う手数料はいくら?
・行政書士に依頼する場合の報酬はいくら?
・自分で更新手続きをする場合の費用はいくら?
   ↓↓↓
・建設業許可の更新費用はいくらかかる?

 

皆様のこのような疑問を解決します。

 

<今回の記事の内容>
 ・手数料は5万円、行政書士への報酬は4万円から8万円程(決算変更届と合わせる場合はその分加算されます)
  ①一般建設業許可(兵庫県)の更新で役所へ支払う手数料は5万円です。
  ②行政書士へ依頼する場合は4万円~8万円程必要になります。
  ③自分で更新手続きをする場合は役所へ支払う手数料のみです。

 

兵庫県の建設業許可をはじめて調べる方、必読!

兵庫県の建設業許可申請の全体像を徹底解説【要点総まとめ】
兵庫県の建設業許可に関する情報を建設業法から新規申請方法まで、わかりやすく説明しています。 建設業業許可を理解するためには全体像の把握が大切。そのあとで個別問題を確認しましょう。

 

建設業許可の更新費用はいくらかかる?

 

行政書士が各要件ごとにわかりやすく説明していきます。
兵庫県知事許可の要件をベースにしていますので、他県の場合は若干異なる場合もありますのでご注意ください。

 

①一般建設業許可(兵庫県)の更新で役所へ支払う手数料は5万円です。

一般建設業許可(兵庫県)の更新時に係る費用について説明していきます。

更新時に役所へ支払う手数料は5万円です。

 

②行政書士へ依頼する場合は4万円~8万円程必要になります。

行政書士へ依頼する場合、金額はある程度の幅があります。

だいたい、4万円~8万円程必要になります。

金額の大小だけではなく、その行政書士が何をしてくれるのか、金額の根拠は何かを十分確認してから依頼しましょう。

 

③自分で更新手続きをする場合は役所へ支払う手数料のみです。

ご自身で更新手続きをする場合に必要になる金額は役所への手数料のみの5万円です。

ただし、ご自身で更新手続きをする場合は、更新可能期間に必ず申請できるように十分注意して作業を進めていく必要があります。

更新期間に申請ができなかった場合、最悪、許可を失効してしましますので、改めて、新規申請が必要になります。

当然、許可を失効してから、新規許可を取得するまでは、軽微な建設工事以外の工事を請負う事はできません。

 

要件の内容がよくわからない方へ

一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。

少しでも不明な点があれば建設業許可を専門としている行政書士にご相談ください。

 

手数料は5万円、行政書士への報酬は4万円から8万円程(決算変更届と合わせる場合はその分加算されます)

 

行政書士を活用するかどうかは、ご自身が申請書類を作成する時間が取れるかどうかを十分考慮する必要があります。役所へ聞きながら申請書類を作成することは出来ますが、問題はそれにかかる時間です。

 

<今回の記事のまとめ>
 ・手数料は5万円、行政書士への報酬は4万円から8万円程(決算変更届と合わせる場合はその分加算されます)
  ①一般建設業許可(兵庫県)の更新で役所へ支払う手数料は5万円です。
  ②行政書士へ依頼する場合は4万円~8万円程必要になります。
  ③自分で更新手続きをする場合は役所へ支払う手数料のみです。

 

タイトルとURLをコピーしました