建設業許可の更新は毎年必要なの?【更新期間は5年毎】

更新期間は5年毎建設業許可の申請

建設業許可の更新は毎年必要なの?

 

・建設業許可の更新タイミングは?
・建設業許可の更新を忘れた場合はどうなるの?
・建設業許可の更新を早くすることはできるの?
   ↓↓↓
・建設業許可の更新は毎年必要なの?

 

皆様のこのような疑問を解決します。

 

<今回の記事の内容>
 ・建設業許可の更新は5年毎です。忘れてしまい期限が切れた場合は許可は失効します。
  ①建設業許可の更新は5年毎です。
  ②建設業許可の更新を忘れてしまった場合は許可は失効します。
  ③建設業許可の更新は3ヶ月前から行えます。

 

兵庫県の建設業許可をはじめて調べる方、必読!

兵庫県の建設業許可申請の全体像を徹底解説【要点総まとめ】
兵庫県の建設業許可に関する情報を建設業法から新規申請方法まで、わかりやすく説明しています。 建設業業許可を理解するためには全体像の把握が大切。そのあとで個別問題を確認しましょう。

 

建設業許可の更新は毎年必要なの?

 

行政書士が各要件ごとにわかりやすく説明していきます。
兵庫県知事許可の要件をベースにしていますので、他県の場合は若干異なる場合もありますのでご注意ください。

 

①建設業許可の更新は5年毎です。

建設業許可の更新は5年毎です。

更新時にはそれまで毎年の決算変更届が提出されている必要があります。

建設業許可の更新時期になってあわてて過去の決算変更届を提出することのないように毎年、決算変更届を提出しておきましょう。

 

②建設業許可の更新を忘れてしまった場合は許可は失効します。

建設業許可の更新を忘れてしまった場合は、許可は失効します。

建設業許可は期限があります。有効期限以内に更新申請をせず、期限を超過してしまった場合は、許可は失効します。

許可が失効した後は、新規許可を取得しなければいけません。

許可が失効している間は、軽微な建設工事以外の工事を請負う事はできません。

ただし、建設業許可を取得している間に請負た工事は行えますが、元請けからNGを受ける可能性もありますので、必ず工事を行える補償はありません。

 

③建設業許可の更新は3ヶ月前から行えます。

建設業許可の更新は期限満了日の3ヶ月前から行えます。

そして、更新申請期限は期限満了日の30日前です。

更新申請期限を超えても受理してもらえると思いますが、役所の審査期間もあるますので、必ず、期限満了日の30日前までに更新申請を行いましょう。

更新申請を期限内に行い、役所の審査期間が長引いた結果、審査期間中に建設業許可の期限が過ぎた場合は、更新申請の結果が出るまでは、建設業許可は失効しません。

そして、更新が認められた場合は、元々の建設業許可の満了日の翌日から新たな建設業許可の期限が開始されます。

 

要件の内容がよくわからない方へ

一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。

少しでも不明な点があれば建設業許可を専門としている行政書士にご相談ください。

 

建設業許可の更新は5年毎です。忘れてしまい期限が切れた場合は許可は失効します。

 

建設業許可の更新は5年毎。兵庫県の場合は許可期限の3ヶ月前から30日前まで申請できます。

 

<今回の記事のまとめ>
 ・建設業許可の更新は5年毎です。忘れてしまい期限が切れた場合は許可は失効します。
  ①建設業許可の更新は5年毎です。
  ②建設業許可の更新を忘れてしまった場合は許可は失効します。
  ③建設業許可の更新は3ヶ月前から行えます。

 

タイトルとURLをコピーしました