建設業許可の更新について重要な事は?【失効防止!】

建設業許可更新建設業許可の要件

建設業許可の更新について重要な事は?

 

・建設業許可の更新は何年毎?
・建設業許可の更新をわすれたらどうなる?
・建設業許可の更新手続きは?
   ↓↓↓
・建設業許可の更新について重要な事は?

 

皆様のこのようなお悩み解決します。

 

<今回の記事の内容>
 ・建設業許可の更新は5年毎、期限切れたら許可は失効します。
  ①建設業許可の更新は5年毎
  ②更新期限が切れたら許可は失効(更新手続き中は猶予あり)
  ③決算変更届と建設業許可更新手続きをおこないます。

兵庫県の建設業許可をはじめて調べる方、必読!

兵庫県の建設業許可申請の全体像を徹底解説【要点総まとめ】
兵庫県の建設業許可に関する情報を建設業法から新規申請方法まで、わかりやすく説明しています。 建設業業許可を理解するためには全体像の把握が大切。そのあとで個別問題を確認しましょう。

建設業許可の更新について重要な事は?

行政書士が各要件ごとにわかりやすく説明していきます。
兵庫県知事許可の要件をベースにしていますので、他県の場合は若干異なる場合もありますのでご注意ください。

①建設業許可の更新は何年毎?

建設業許可は5年毎に更新する必要があります。

建設業許可更新の申請期限は「許可の満了する日の30日前まで」です。

まだ許可の満了日に達していないからといって安心せず、必ず、30日前までに申請しましょう。

建設業許可の満了日を過ぎても、更新申請すらしたいない場合は、許可は失効します。

当然ですね。すでに取得した建設業許可の満了日を過ぎてしまっているので。

そして、一切猶予はしてもらえないはずです。可能性があるとしたら災害等の被害を受けてそれどころじゃなかった場合なんかでしょうか。

それで、猶予を設けるかどうかは役所判断なので、主観的に判断すると許可失効してしまいますので、十分ご注意ください。

②建設業許可の更新をわすれたらどうなる?

現在取得している建設業許可の満了日を過ぎても更新申請がまだの場合は許可は失効します。

許可失効後は建設業許可が必要な建設工事を請負うことはできなくなりますので、更新期限は十分に注意してください。

③建設業許可の更新手続きは?

建設業許可の更新を行うには、毎年決算変更届を提出していることが必要です。

あわてて、過年度の決算変更届をまとめて提出するようなことが無いように、毎年、必ず決算変更届を提出提出しておきましょう。

要件の内容がよくわからない方へ

一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。

少しでも不明な点があれば建設業許可を専門としている行政書士にご相談ください。

建設業許可の更新は5年毎、期限切れたら許可は失効します。

建設業許可の更新はとても大切です。頑張って許可を取得したからといって安心してはいけません。

毎年の決算変更届を提出し、5年毎に更新手続きをする必要があります。

忘れたら、許可失効(一発退場)ですよ。

<今回の記事のまとめ>
 ・建設業許可の更新は5年毎、期限切れたら許可は失効します。
  ①建設業許可の更新は5年毎
  ②更新期限が切れたら許可は失効(更新手続き中は猶予あり)
  ③決算変更届と建設業許可更新手続きをおこないます。
タイトルとURLをコピーしました