建設業許可の専任技術者の変更はどうする?【専技変更】

専任技術者変更建設業許可

建設業許可の専任技術者が変更になったらどうする?

 

・専任技術者が退職によって別の人に変わったらどうする?
・専任技術者を増やしたい場合どうする?
・専任技術者がいなくなったどうする?
   ↓↓↓
・建設業許可の専任技術者が変更になったらどうする?

 

皆様のこのようなお悩み解決します。

 

<今回の記事の内容>
 ・建設業許可の専任技術者が変更になったらどうする?【専技変更】
  ①変更届を前任者が退職する前に必ず提出してください。
  ②変更届を提出してください。
  ③専任技術者は許可要件になりますので、不在となった場合は許可は失効します。

兵庫県の建設業許可をはじめて調べる方、必読!

兵庫県の建設業許可申請の全体像を徹底解説【要点総まとめ】
兵庫県の建設業許可に関する情報を建設業法から新規申請方法まで、わかりやすく説明しています。 建設業業許可を理解するためには全体像の把握が大切。そのあとで個別問題を確認しましょう。

建設業許可の専任技術者が変更になったらどうする?

行政書士が各要件ごとにわかりやすく説明していきます。
兵庫県知事許可の要件をベースにしていますので、他県の場合は若干異なる場合もありますのでご注意ください。

①変更届を前任者が退職する前に必ず提出してください。

現在専任技術者として登録されている方が退職等により、会社を離れる場合、注意が必要です。

他の専任技術者を既に登録済みであれば問題ありませんが、一人しかいない場合で、その方が退職する場合は、必ず、退職前に余裕をもって別の専任技術者を届出する必要があります。

②変更届を提出してください。

新たに実務経験や資格要件に該当し、専任技術者としての要件を持つことになった社員がいる場合は、すみやかに専任技術者として登録しましょう。

専任技術者は許可要件になりますので、今要件を満たしていることが重要ではなく、将来にわたって要件を満たし続けることが重要です。

安定した建設業許可の維持のためにできるだけ多くの専任技術者を確保しておきたいですね。

③専任技術者は許可要件になりますので、不在となった場合は許可は失効します。

専任技術者が不在となった場合、その時点で許可要件を満たさなくなり、許可は失効します。

そもそも、建設業許可を得るための要件として、専任技術者が必置であるため、その要件を満たせなくなったら許可失効となります。

要件の内容がよくわからない方へ

一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。

少しでも不明な点があれば建設業許可を専門としている行政書士にご相談ください。

建設業許可の専任技術者が変更になったらどうする?

専任技術者の変更は建設業許可の維持にとってとても重要な届出です。

許可取得後から安定して維持できるように、専任技術者を増やすようにしていきましょう。

その場合、資格要件が一番確実です。

<今回の記事のまとめ>
 ・建設業許可の専任技術者が変更になったらどうする?【専技変更】
  ①変更届を前任者が退職する前に必ず提出してください。
  ②変更届を提出してください。
  ③専任技術者は許可要件になりますので、不在となった場合は許可は失効します。
タイトルとURLをコピーしました