スマート行政書士事務所

ドローン飛行許可
行政書士が全国対応

 
面倒なドローン飛行許可申請手続は専門家にお任せ
  

ご相談はこちら

ドローン飛行許可申請サポート

ドローン許可証

ドローンの飛行許可を取得する3つの手順

ドローンの飛行許可・承認を取得して、航空法に従った飛行をすることは、実は簡単です。

次の3ステップでOKです。

ステップ①【DIPS】
許可申請

ドローン情報基盤システム

ドローン情報基盤システム(以下DIPS)を使ってウェブから飛行許可申請を行います。

 

ステップ②【FISS】
飛行情報共有

飛行情報共有機能

ステップ①で無事に飛行許可を取得できれば、ドローン飛行前にドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)(以下FISS)へ飛行情報を登録します。

ステップ③【DIPS】
飛行実績報告

ドローン情報基盤システム

ステップ②でFISSへ登録し、飛行が終われば、DIPSに飛行実績の報告をします。(任意)これで、一連の作業が完了します。

 

行政書士
行政書士

「これなら自分で出来る!」と思われた方は、
【Drone】ドローン飛行許可申請の完全ガイド【行政書士監修】」をご覧ください。
最新の改正情報」も合わせてご確認ください。

 

突然ですが、ここでクイズです。
質問の答えはお分かりでしょうか。

1.飛行経路と場所を指定しない申請ができない申請は何?
安全面から場所をできるだけ特定する必要がある飛行方法と趣味飛行が該当します。
・空港周辺での飛行
・150m以上の高さの空域での飛行
・人口集中地区の上空+夜間飛行
・夜間飛行+目視外飛行
・補助者なし+目視外飛行
・イベント上空の飛行
・趣味目的での飛行
・研究開発目的での飛行
2.標準マニュアルだとダメな飛行方法は何?
包括申請時に使用する標準マニュアル②の場合で飛行できない飛行方法があります。
・人口集中地区+第三者の上空飛行
→市街地の場合:いやいや飛行してしまうって!
・人口集中地区+第三者の立入制限
→市街地の場合:人多すぎて無理やろ!
3.許可を取ると問題なく飛行できる訳ではないことはご存じでしょうか?

 

行政書士
行政書士

いかかでしたか?
すべてすぐに回答できたという方は素晴らしいです。
ドローン飛行に関する関連法令をよく読まれたんではないでしょうか。
わからなかった方は、あと少しドローンに関する関連法令の知識が足りていないようです。

 

このように、ドローン飛行許可を取得してもルールに従って飛行をするためには守らなくてはいけないことが多くあります。

 

行政書士
行政書士

ドローン飛行許可で難しいのは、
許可取得だけではなく、法令違反することなく、
希望の飛行を実現することなんです。

 

ドローン許可証

 

クレームの来ないドローン飛行をしませんか?

 

ドローン飛行に関する8つの手順をおろそかにすると思わぬクレームに直結してしまいます。

 

③ 審査要領

難しい

審査要領の把握

④ 関連法令

難しい

関連法令の調査

⑤ 申請補正対応

補正

許可申請・補正対応

⑥ 関係機関連絡

連絡が大変

飛行前に関係機関へ連絡

 

面倒なドローン許可申請の手続きは専門家に任せて、
安心できるドローン飛行の環境を手に入れませんか?

 

ドローン飛行許可・承認を取るだけでは安心できません。

 

ドローンの飛行許可申請自体は「DIPS」を使うことによりとても便利にできるようになりました。

パソコン操作が少々できる方なら、時間があれば(補正を何度も受けながらでも)許可を取得することができます。

しかし、無事にドローン飛行許可を取得しても問題が起こることがあります

 

中止要請

飛行中止

飛行許可を受けたのに、飛行当日に警察から中止を言い渡された。

飛行事故

飛行事故

飛行事故が起こった時の対応が不明。

飛行方法変更

連絡が大変

飛行方法を変更した撮影をエンドユーザーから指示された。

 

これらの問題を事前に防止し、問題発生時は迅速に対応する必要があります。

 

行政書士
行政書士

DIPSで申請し、航空法によるドローン飛行許可を取得しても、安心した飛行を行うことは関連法令を知っていないとなかなか難しいものです。
最悪の場合は、航空法違反やその他の法令違反による罰則の適用もあります。

 

お客様のドローン飛行を安心して行える環境をスマート行政書士事務所がご提供いたします。

 

スマート行政書士事務所はここまでやります!

 

ドローンを安心して飛行させるための8つの手順をお引き受けいたします。

 

冒頭でご説明したドローンを安心して飛行させるための8つの手順をすべてお引き受けし、お客様の飛行をサポートします。

 

③ 審査要領

行政書士

審査要領の把握

④ 関連法令

行政書士

関連法令の調査

⑤ 申請補正対応

行政書士

許可申請・補正対応

⑥ 関係機関連絡

行政書士

飛行前に関係機関へ連絡

※⑧飛行実績につて
2021年4月1日より包括申請の場合における3か月毎の飛行実績の報告は任意となりました。
ただし、飛行実績は必ず作成しておき航空局から求められた場合は、速やかに報告する必要があります。

さらに大切な3つのこと

 

A.スピード対応

お客様のご希望の飛行方法を実現するために迅速に対応致します。

  1. お問合せ頂きましたらすぐに対応させていただきます。
  2. 許可が取れる形に合わす必要がある場合を除き、お客様のご希望の飛行方法の実現を最優先致します。

B.クレーム予防

クレームの無い安心できる飛行を実現するために、関係機関への事前案内も代行します。

  1. 飛行許可を取得して終わりではありません。飛行完了までサポートさせて頂きます。
  2. 地域の条例や警察等への事前の案内の代行も致します。

C.独自マニュアル作成

独自マニュアル作成にも対応します。

  1. お客様の飛行計画に沿った形で飛行できるように独自マニュアルの作成を行います。
  2. 標準マニュアルの場合は制約が多いため、独自マニュアルを作成したいお客様のご要望に応じて対応致します。

 

スマート行政書士事務所に任せるべき理由は?

こんなご要望はございませんか?

 

  1. クレームを未然に防ぎ、安心したドローン飛行をしたい!
  2. ドローン飛行に専念し、事務手続きを安く外注したい!
  3. ドローン飛行許可に関して相談できる相手が欲しい!

 

さらにこんなメリットがあります!

 

  1. 全国対応
    ウェブ活用のため全国対応が可能です
  2. すべてウェブで完結
    急な打合せ変更にも対応
  3. 1年間定額プラン
    1年間で多くの申請をされる場合は1年間の定額プランをご用意いたします
  4. 不許可の場合の返金保証
    不許可の場合は一切費用は頂きません
  5. 無料相談
    初回無料相談:2回目以降は5,500円/時間:ご契約者様は2回目以降も無料

 

行政書士
行政書士

ドローン飛行許可のことは、

身近な専門外の行政書士より、ドローン専門の行政書士へお任せください。

 

特典まとめ

日本全国どこからでもお引き受け致します。
ドローン飛行許可のことならスマート行政書士事務所へお任せください。

当事務所の特典

特典

  1. 全国対応
    ウェブを活用するため全国対応が可能です
  2. ウェブか電話で完結
    急な打合せ変更にも対応できます
  3. 1年間定額プラン
    1年間で多くの申請をされる場合は1年間の定額プランをご用意いたします
  4. 不許可の場合の返金保証
    不許可の場合は一切費用は頂きません
  5. 無料相談
    初回無料相談:2回目以降は5,500円/時間:ご契約者様は2回目以降も無料
  6. ご契約後であっても申請直前までは解約自由
    違約金当一切なし

報酬額のご案内

基本報酬

内容単位報酬額
経特定の場所・経路での飛行
個別申請(操縦者1名/機体1機)
HP掲載無人航空機
趣味
1回20,000円
個別申請(操縦者1名/機体1機)
HP掲載無人航空機以外
趣味
1回22,500円
個別申請(操縦者1名/機体1機)
HP掲載無人航空機
空港周辺/150m以上/イベント/他
1回45,000円
個別申請(操縦者1名/機体1機)
HP掲載無人航空機以外
空港周辺/150m以上/イベント/他
1回47,500円
経特定の場所・経路を指定しない飛行
包括申請(操縦者1名/機体1機)1年
HP掲載無人航空機
危険物輸送/物件投下以外
1回20,000円
包括申請(操縦者1名/機体1機)1年
HP掲載無人航空機以外
危険物輸送/物件投下以外
1回22,500円
包括申請(操縦者1名/機体1機)1年
HP掲載無人航空機
危険物輸送/物件投下
1回25,000円
包括申請(操縦者1名/機体1機)1年
HP掲載無人航空機以外
危険物輸送/物件投下
1回27,500円
更新・変更
更新申請(同一条件)1回10,000円
変更申請1回10,000円

追加報酬

区分内容単位報酬額
飛行予定
追加飛行予定登録(FISS)
1回5,000円
追加飛行予定場所関係各所調整
(ただし公的機関のみ対応可)
1回10,000円
飛行実績
追加実績報告(1回)1回5,000円
追加実績報告
1年:3カ月毎の計4回
※50件を超える場合は
10件毎に2,000円追加
1年10,000円
その他
追加操縦者追加1名2,500円
追加機体追加
HP掲載無人航空機
1機2,500円
追加機体追加
HP掲載無人航空機以外改造機
1機5,000円
追加独自マニュアル作成1回無料

 

料金の事例

料金事例

操縦者3名、機体3機(HP掲載機2機、HP掲載機以外1機)
包括申請【業務飛行・農薬散布等】
夜間飛行・人口集中地区での飛行・30m未満の飛行
実績報告

料金事例の料金額

全国1年間包括申請(上記条件)

42,500円

料金事例の明細

区分内容単位料金
基本包括申請(操縦者1名/機体1機)
危険物輸送/物件投下以外
1回20,000円
追加実績報告
1年:3カ月毎の計4回
※50件を超える場合は
10件毎に2,000円追加
1年10,000円
追加操縦者追加2名5,000円
追加機体追加(HP掲載機)1機2,500円
追加機体追加(HP掲載機以外)1機5,000円
追加夜間飛行
人口集中地区での飛行
30m未満の飛行
無料

 

 

行政書士
行政書士

あとは「お問い合わせ」だけで、安心できるドローン飛行が実現します。

お問合せ後は、次のステップで進行していきます。

 

お問合せ後の流れ

ご契約まで

① お問い合わせ
お問合せフォームよりご連絡ください。
② 概要ヒアリング
お見積りに必要な内容をお聞かせください。ヒアリングシートをご記入頂きます。
③ ご契約
お見積りにご納得いただけましたら契約書を交わし契約成立です。

 

申請まで

④ 申請に関するお打合せ
お電話、メール、Zoomを使ってお打ち合わせを行います。
⑤ 資料等のご準備
申請に必要な資料等をご連絡致します。
⑥ 申請準備
ご提出頂いた資料等を元に申請準備を進めます。
⑦ ご入金
申請準備が終わり次第、ご連絡致します。ご入金確認後に申請を行います。
⑧ 最終確認
申請直前に申請内容の最終確認を行います。
⑨ 申請
申請後、最短10日程度で許可が下ります。申請内容によっては期間は長くなる可能性もあります。大体の目安として、飛行予定日の1カ月前までにご連絡頂けることを推奨いたします。その間の補正対応も致します。

申請後

⑩ 許可証発行
許可証が発行されます。
⑪ 飛行計画FISS
飛行計画をご連絡ください。FISSへ登録致します。(オプション)
⑫ 実績報告
飛行後に実飛行績をご連絡ください。DIPSへ登録致します。(オプション)

※⑪⑫はオプション

 

よくある質問

独自マニュアルだけの依頼はできますか?
独自マニュアルのみでのご依頼はお受けしておりません。その理由は、独自マニュアルは申請時に必要になるものですので、必ず申請のご依頼と合わせて作成するようになります。何卒、ご理解いただけますようお願いいたします。
地域調査のみでの依頼は可能でしょうか?
地域調査は申請に関する地域が対象となりますので、申請と合わせてご依頼ください。
申請直前にキャンセルした場合は?
申請直前にキャンセルした場合であっても、一切費用は頂きません。急な飛行キャンセルであってもご依頼者様に負担のかからないように致します。

 

行政書士
行政書士

まずは1分お時間をください。
1分以内でお問合せフォームへの入力が終ります。
↓↓↓

 

お問合せ(無料・365日24時間受付OK)


    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須ご連絡事項


     

    スマート行政書士事務所

    行政書士

    大道 一成(Kazunari Daido)

    ドローン飛行許可申請のことならスマート行政書士事務所へお任せください。
    事前打ち合わせもウェブ活用等でスムーズに行います。

    保有資格
    • 行政書士
    • 建設業経理士2級
    所属
    • 日本行政書士会連合会
    • 兵庫県行政書士会
    タイトルとURLをコピーしました