【FISS】ドローン飛行情報共有機能の完全ガイド【行政書士監修】

FISS飛行予定登録 ドローン飛行許可ガイド

ドローンを飛行させる前に飛行予定の登録が必要です。

飛行許可を受けたドローンを実際に飛行させる場合は、事前にFISSへ飛行予定の登録が必要なことをご存じでしょうか。
FISSとは、ドローン飛行情報共有機能のことでDIPSのログインアカウントをお持ちであればすぐに使用できます。

そこで・・・

  • ドローン飛行する前に何か必要?
  • ドローン飛行するときに、ほかに飛行しているドローンがないか確認したい。
  • ドローンを安全に飛ばすにはどうすればいいの?

なんて悩んでいませんか?

このようなお悩みをお持ちの方へドローン飛行許可申請を担う行政書士がドローンをとりまく手続きを徹底解説します。

 

行政書士
行政書士

この記事を読むと

「ドローン飛行予定をFISSを使ったオンライン登録の手順」
がよくわかります。

 

この記事でお伝えしたい大切なこと

  1. ドローン飛行許可を取得してもすぐに飛ばしていいわけではありません。
  2. 自分の飛行予定を登録して安全に安心して飛行させることが必要です。

 

それでは具体的な中身を見ていきましょう。

ドローン飛行情報共有機能「FISS」のオンライン飛行予定登録について徹底解説!

令和元年7月26日より、航空法に基づく許可・承認を受けて飛行を行う場合には、飛行前に飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を飛行情報共有システム「FISS」で確認するとともに、「FISS」に飛行予定の情報を入力することが必要となっています。

許可・承認を受けたドローン飛行を行う場合であっても、飛行前にFISSに飛行予定の情報を登録しなければいけません。

ログイン方法

ドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)

「飛行情報共有ログイン」の「ログイン」をクリックします。

DIPSのIDを取得していない場合

Eメール/パスワードを入力しログインします。

DIPSのIDを取得されている場合

右側の「飛行許可申請(DIPS)のIDでログインはこちら」をクリックします。

DIPS用の申請者IDとパスワードを入力し、「同意して連携」をクリックします。

ドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)

機体情報の管理について

機体(無人航空機)情報の登録

飛行計画で利用する機体(無人航空機)情報の登録を行います。

他の無人航空機飛行状況の確認方法

他の無人航空機運航者の飛行計画の参照

自分の飛行計画の登録を予定するエリア周辺での他の無人航空機運航者の飛行計画を確認します。

空域情報の確認方法

空域情報の確認

無人航空機運航者メニュー画面から、空域の情報を確認する方法を以下に示します。
無人航空機の飛行を計画している地域のルールや周辺情報を事前に確認することができます。

飛行ルールの一覧

飛行ルールについて

抵触しているルールがある場合に表示される飛行ルールの一覧

飛行計画の管理について

飛行計画を登録する

航空法の許可・承諾を得る必要のある空域や方法による飛行を計画している場合は、予め、飛行許可申請で申請を実施します。その他のルールが設定されている場合には、それぞれの空域での飛行に必要な手続きを別途実施の上、飛行計画を登録します。

飛行状況の確認について

飛行の状況確認

飛行計画の時間になると、地図上で飛行状況を確認できます。
また、飛行計画で登録した飛行エリアに有人航空機が接近すると画面上に注意喚起と共に、メールが通知されます。

飛行情報共有システムが停電等で利用できない場合

ドローン飛行情報共有機能「FISS」のオンライン飛行予定登録についてのまとめ

航空法に基づく許可・承認を受けて飛行を行う場合には、飛行前に飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を飛行情報共有システムで確認するとともに、本システムに飛行予定の情報を入力することが必要です。

安全にドローン飛行を行うために自分の飛行予定は必ず登録し、同一地域、同一時間帯で他のドローンの飛行予定がないかどうか、必ず確認するようにしておく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました