建設業許可申請の必要書類のすべてを教えて【申請書類】

申請書類建設業許可の申請

建設業許可申請の必要書類のすべてを教えて

 

・建設業許可申請に必要な書類は何種類?
・手引きにある申請書類を準備すればいいの?
・証明書類が手に入らない場合はどうするの?
   ↓↓↓
・建設業許可申請の必要書類のすべてを教えて?

 

皆様のこのような疑問を解決します。

 

<今回の記事の内容>
 ・建設業許可申請に必要な書類は30種類近くあります。さらに証明書類が必要です。
  ①建設業許可に必要な書類は30種類以上あります。
  ②申請の手引きにかかれている申請書類と合わせて、各種証明書類の提出が必要です。
  ③証明書類が入手できない場合は、一度、役所に相談してください。

 

兵庫県の建設業許可をはじめて調べる方、必読!

兵庫県の建設業許可申請の全体像を徹底解説【要点総まとめ】
兵庫県の建設業許可に関する情報を建設業法から新規申請方法まで、わかりやすく説明しています。 建設業業許可を理解するためには全体像の把握が大切。そのあとで個別問題を確認しましょう。

 

建設業許可申請の必要書類のすべてを教えて

 

行政書士が各要件ごとにわかりやすく説明していきます。
兵庫県知事許可の要件をベースにしていますので、他県の場合は若干異なる場合もありますのでご注意ください。

 

①建設業許可に必要な書類は30種類以上あります。

建設業許可に必要な書類は30種類以上あります。

兵庫県の場合はホームページから閲覧できます。

建設業許可申請書等のダウンロード(令和元年6月以降)

 

②申請の手引きにかかれている申請書類と合わせて、各種証明書類の提出が必要です。

申請書類だけではなく、申請書類に記載した内容を証明するための証明書類も準備する必要があります。

すべての要件は、客観的に要件に該当していることを証明する必要があります。

この証明書類が不足しているなどして、一部証明できない場合は許可申請自体受理されない可能性もあります。

 

③証明書類が入手できない場合は、一度、役所に相談してください。

証明書類がどうしても入手できない場合は、一度、役所に相談してください。

また、ご自身で相談するとうまくいかないと思われる場合は、建設業許可を専門にしている行政書士に依頼することもお勧めします。

相談すればなんとなしてもらえるわけではありません。恐らくほとんどの場合、認めてもらえないと思いますが、中には解決の糸口を見つけることができる場合もあります。

むやみやたらと役所に相談することはあまりお勧めできませんが、正当な理由があり、証明が不可能な場合は、一度相談されることをお勧めします。

 

要件の内容がよくわからない方へ

一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。

少しでも不明な点があれば建設業許可を専門としている行政書士にご相談ください。

 

建設業許可申請に必要な書類は30種類近くあります。さらに証明書類が必要です。

 

建設業許可申請書類は多くの書類が必要になります。それらの書類の記載方法を覚えるだけでもかなりの時間がかかりますね。そのため、専門家に依頼したほうが結果的に有益になります。

 

<今回の記事のまとめ>
 ・建設業許可申請に必要な書類は30種類近くあります。さらに証明書類が必要です。
  ①建設業許可に必要な書類は30種類以上あります。
  ②申請の手引きにかかれている申請書類と合わせて、各種証明書類の提出が必要です。
  ③証明書類が入手できない場合は、一度、役所に相談してください。

 

タイトルとURLをコピーしました